さようなら「虎と小鳥のフランス日記」




「虎と小鳥のフランス日記」
は、2014年9月
末で終了しました。


2014年10月から
TIPA(カミーユとアントワーヌ)は、
フランスダイレクト社(織田塾)から離れて彼ら自身で
「TIPAのフランス日記」を始めました。

なお、フランスダイレクト社は別に、
フランスダイレクトスクールを運営しています。

大好きだった「虎と小鳥のフランス日記」が終わってしまい、とても残念です。

なお、「虎と小鳥のフランス日記」の記録はメンバーのPenさんが
こちらに詳しくまとめて下さっています。

人それぞれの選択で良いと思いますが、

あなたの乗っている列車
その車窓から見える景色が
徐々に望んでいたものと違って来た時

この列車はどこを走っているのだろう?と
不思議な気持ちになった時

その時には
列車から降りる勇気も必要です。

あなたは何故フランス語の勉強を始めたのですか?
それを思い出して下さい。

色々な生き方があって良いと思います。
でも、望んでいなかったものを無理して受け入れる必要はありません。
誰に何を言われようと、
最終目的地を決めるのはあなた自身なのですから。




      



inserted by FC2 system